忍者ブログ
自作詩、翻訳詩が中心のサイトです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

海辺を歩く二つの影 親しげだけどよそよそしげ
二度と並べることのない 影を引きずって歩き
途中で見かけた子供たち 片手にスコップ 片手は目に
涙を拭いて立ち尽くしてる 影の持ち主が話しかける

ふたりで作った砂の城 いじめっ子たちに壊される
それはまるで二つの影のよう 育んだ愛が壊れかけてる
大きい影がこう言った 「俺たちも手伝うからまた作ろう」
小さい影がうなづいた 「もっと立派に作らなきゃね」

陽は少しずつ傾いて やがて夕暮れになりかけて
4人で作った砂の城 大きく立派な強い城
小さな二人が作る笑顔 大きな二人も釣られて笑う
遠くで見ていたいじめっ子は 壊しも出来ずに立ち尽くす

小さな二人は駆け足で 呼び止めた親の元に駆け
立ち尽くす大きな二つの影 二人の前には砂の城

壊れたらまた作ればいい さらに大きくて強いものを
大きい影がそう言った 小さな影に向かいながら
小さな影の足下に じわりと広がる涙の濡れ
大きい影は肩を回し 小さな影を抱き寄せた

立ち尽くした後いつの間にか 姿を消した二つの影
暗くなる海辺に残された 砂の城を月が見守る
PR
いつも跨っていた この白い単車
大雨が降ったあの日から 走れなくなっちまった
いつも突っ込んでた カギが合わない
スペアキーを入れても カギが合わない

一体どうしたんだと問いかけてみる
白い単車は黙ったまま 駆け巡った過去を問いかける
手荒く走ったけど粗末にはしていない白い単車
俺の意思に沿って駆けてくれたこの単車
だけど今は駆けるどころか
カギさえ拒絶されていた

走るのを諦め 徹底的に整備した
整備すれば駆けてくれると そう信じ続けていた
そんなある日 鍵穴が合った
イグニッションONで 光るNランプ

感動と労わりで胸が詰まった俺を突き放したこと
キックレバーを踏み倒しても 白い単車はうんとも言わない
真冬の夜に汗だくになり踏み倒しても エンジンは黙ったまんま
整備しても何もおかしくなかった だけど火は入らなかった
まるで俺を拒絶するかのように
走るのを拒絶した白い単車

いつも跨っていた 俺の白い単車
留守から戻ったときに ガレージから消えていたんだ
ガレージに残されたのは 壊されたキーシリンダー
もうひとつ残されたのは 壊されたディスクロック

一体どうなってるんだと混乱する俺
主のいないガレージを ただ一人たちつくしている
ガレージにはまだ新しいオイルの跡とタイヤの跡が
エンジンは黙ったままなのに 誰がエンジンをかけたのか
俺の分身のような白い単車
俺を拒絶して誰を受け入れたのか

いつもある場所に もう俺の単車はない
捨てられた気持ちで 胸が張り裂けそうだ
いつもある場所に あるべきものがない
主をなくしたメインキーは 悲しげな音を響かせてた

時が過ぎて俺は新しい単車を手に入れた
いなくなった白い単車と ぜんぜん違う色も形
まだ人見知りする黒い単車を徹底的に乗り倒した
やがて黒い単車は俺に馴染んで
数多の思い出を刻みこむんだ

黒い単車は馴染んでくれて 白い単車の記憶は薄れ
いつものように黒い単車に 跨り街を駆け抜けた
俺が跨る黒い単車は ますますいい感じになっていた
こんな頃にある場所で あの単車を見つけてしまった

懐かしさと変わり果てた姿に複雑な気持ち
めぼしいものは剥ぎ取られ錆びだらけのただの廃車だ
フレームにある傷がなければ白い単車と気付かなかった
変わり果てた俺の白い単車
もう甦ることはなくなってしまった

ポケットには残されたカギ この残骸を動かすためのカギ
キーシリンダーさえ 今はなくなってる
苦い想いをこらえつつ 俺はキーをシートに置いた
かって俺の単車だった 今はもうただの残骸に

悲しいといえば嘘になるけど 枷が取れた気持ちになる
再び黒い単車に跨り 遥か遠くに駆けていく
心なしか機嫌のいい 黒い単車の駆ける音
やっとひとつになれた気がする
遥か遠くに駆け抜けてくのさ これからずっと

すげえいい詞。俺のテーマ曲でもある。

(歌詞URL)
http://www.lyrics007.com/Green%20Day%20Lyrics/Minority%20Lyrics.html

以下訳詩


俺は少数派になりたいんだ
俺はテメエの威厳なんて必要ねえ
多数派のモラルなんて糞食らえだ
だって俺は少数派になりたいんだからな

地下世界に忠誠を誓うよ
負け犬ばかりの国で 俺は立っている
群衆の顔は歌いもせず 型に逆らっている
嘘じゃねえ、俺は決めたんだ
これが俺のやり方だって

※ Repeat

道を踏み外してしまった
群れから飛び出た羊みたいに
行進曲が鳴り響いている
俺は自分のビートで進んでく
これが俺の知ってるただひとつのやり方だ

ある人の心の影を照らす
静寂と暗闇の中にはたくさんの傷心
「大声で泣きたいわよ」と彼女が叫ぶ
すべては自由で、すべては糞
自分自身を見つめるんだ

※ Repeat
メンバーの親父が亡くなったときの気持ちを歌ってます。
俺も高校時代の友達を3人亡くしてる(一人は自殺、一人は遭難、一人は病死)んで、ちょっとこれ聴くとくるかな。
Green Dayには珍しくアコースティックな感じの曲。

(元ネタ)
http://www.sing365.com/music/lyric.nsf/Wake-me-up-when-September-ends-lyrics-Green-Day/0B3A30F9FBB87CA148256F0F0007F08A

(訳詞)

夏が来て そして過ぎ去ってく
ガキのままでいられるときは少なくなってく
9月の終わりに、俺はそう気付いたんだ

父が逝ってしまって7年
時は残酷に早く過ぎ去っていく
9月の終わりに、俺はそう気付いたんだ

雨が降ってきたね
まるで流星が流れ落ちるように
びしょ濡れの中 痛みがぶりかえす
俺たちがオトナになるための痛みが

何も考えたくない
だけど失った痛みはずっと忘れない
9月の終わりに、俺はそう気付いたんだ

夏が来て そして過ぎ去ってく
ガキのままでいられるときは少なくなってく
9月の終わり頃に、俺はそう気付いたんだ

再び元気づけるんだ
あたかも春が始まるかのように
9月の終わり頃に、俺はそう気付いたんだ


雨が降ってきたね
まるで流星が流れ落ちるように
びしょ濡れの中 痛みがぶりかえす
俺たちがオトナになるための痛みが

何も考えたくない
だけど失った痛みはずっと忘れない
9月の終わりに、俺はそう気付いたんだ

夏が来て そして過ぎ去ってく
ガキのままでいられるときは少なくなってく
9月の終わりに、俺はそう気付いたんだ

親父が死んでから
20年の月日はあっという間に経ってしまったんだ
俺は気付いたんだ 9月の終わり頃に・・・
Green Dayの代表曲。一度は聴いたことある人も多いかも。
曲調の割りに詞は暗めかな・・・シミジミって感じじゃねえ。

http://www.sing365.com/music/lyric.nsf/Basket-Case-lyrics-Green-Day/FC7AD4B3808A65C2482568E200056336

時間があるかい?なら俺のぼやきを聞いてくれよ
取るに足らない話なんだけどね
俺はどうでもいい連中の一人なんだ
メロドラマみたいに
神経から骨まで馬鹿が回ってるのは間違いないんだ

時々俺は自分でぞっとすることがあるんだ
時々俺の心は自分を騙してるんだ
それが積もり積もって
俺は自分がぶっ壊れたように感じる
俺はおかしいのか?
俺は凹んじまってるよ

俺は神社に行き
未来を占ったんだ
女神様は俺が溜まってると言いやがった
だから俺は売春婦に抜きに行ったんだ
「退屈な人生なのね」と言われちまった。
「私まで凹むから愚痴は大概にしろ」ってね・

時々俺は自分でぞっとすることがあるんだ
時々俺の心は自分を騙してるんだ
それが積もり積もって
俺は自分がぶっ壊れたように感じる
俺はおかしいのか?
俺は凹んじまってるよ

コントロールを取り戻さなきゃ・・・
それでやっといい方向に向かうんだ

時々俺は自分でぞっとすることがあるんだ
時々俺の心は自分を騙してるんだ
それが積もり積もって
俺は自分がぶっ壊れたように感じる
俺はおかしいのか?
俺は凹んじまってるよ
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
masashi
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索

忍者ブログ[PR]